« maximum gradient/ peak-to-peak gradient (JB-POT直前講座14) | トップページ | af; atrial fibrillation(JB-POT直前講座16) »

2005年8月31日 (水)

心臓麻酔&TEE研修先の選び方(JB-POT直前講座15)

今回の話題は試験には直接関係ないので、時間の無い方は読み飛ばしてください。

「TEEに興味があり、機器も買ってもらった。教科書・CDや学会セミナーでも勉強しているが、具体的な臨床判断のツボがいまいちわからない。6ヶ月~1年程度の研修で、JB-POT合格レベルの実力をつけることが可能だろうか?」

答えは、Yesです。

ストラディバリウスのバイオリンを入手して本とビデオで独学するよりも、スズキのバイオリンを購入してバイオリン教室に週一回通うほうが、早く効率よく上達します。麻酔科標榜医レベルの人が、下記のような施設で12ヶ月研修すれば(努力家ならば6ヶ月で)JB-POT合格は充分可能です。

Q1.1年間の心臓手術症例数
 A.300件以上
 B.200-300件
 C.100-200件
 D.100件未満

少なくとも年200(週4例)ほしいところ。

Q2.心臓手術の内訳
 A.成人、小児とも
 B.成人全般
 C.小児のみ、成人の特定の分野のみ(CABG専門など)

症例数が年300といってもその7割がoff pump CABGだったばあい、TEEの研修には不向きです。

Q3.TEE指導者は
 A.NBE(National Board of Echocardiography 現在日本国内には23名)取得
 B.JB-POT取得
 C.TEEに関する資格なし
 D.質問すると「資格なんてバカらしい」「麻酔そのものには関係ない」などと逆切れ

Q4.心臓麻酔指導者は過去2年間に
 A.英文筆頭原著論文あり
 B.和文筆頭原著論文もしくは英文症例報告あり
 C.学術論文の筆頭著書なし
 D.筆頭著書なしだが国際学会には毎年出席している(学会発表のデータ集めにこき使われ、学会中は留守番、しかも研究業績にはならない。あなたは、上司がタダで海外旅行する手伝いをしただけ)

Q5.研修中の扱いは
 A.常勤医ボーナス&社会保険あり
 B.非常勤日々雇用だが社会保険はある
 C.日雇い、保険なし
 D.無給

Q6.手術室に常設されているTEEは
 A.Phillips社5000以上もしくはAquson社Sequoia
 B.A以外(Alokaなど)
 C.常設されているTEEマシンはない

A.2点、B.1点、C.0点、D.-1点として、合計10点以上あればおすすめ、5点以下はわざわざ研修に出向する価値があるとはおもえません。


あまり関係ないと思われるものは

指導医が学会理事もしくは評議員
指導医が大学教授
指導医がアメリカ留学経験者(留学経験がないNBE合格者もいますし、留学経験のあるJB-POT不合格者もいます)

ちなみに、うちの大学はQ1-5はA.でQ6のみB.です(現在、機器買い替えの交渉中です。また、旧型機種のほうがNyquist limit、frame rate、verocity rangeなどをマニュアルで調整するために、超音波原理の勉強になります。)6ヶ月以上の研修期間の得られそうなかたは、ぜひメールください。

|

« maximum gradient/ peak-to-peak gradient (JB-POT直前講座14) | トップページ | af; atrial fibrillation(JB-POT直前講座16) »

コメント

はじめまして、先生のブログ楽しく拝見させていただいております。
週に3例ほど心臓麻酔を担当している専門医です。TEEは何となく使用している程度です。今は系統的に勉強して、秋のJBPOTを受験する予定です。
能力は別として、質問ですが、PTEeXAMを合格してもほとんどの方のstatusはTESTAMURで、先生のようにアメリカで研修された方はDiplomate - Perioperative Transesophageal Echocardiographyをもらっております。Certificateの申請欄に、non-north americaでの研修者は、certificateについてはcase by caseと書かれております。
実際、日本だけで研修された方で、certificateを貰っている人はいらっしゃるのでしょうか。また、どのようにすればcertificateをもらえるのでしょうか。実例などをご存知でしたら御示唆頂ければ幸いです。

投稿: らば | 2009年1月24日 (土) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126543/5714141

この記事へのトラックバック一覧です: 心臓麻酔&TEE研修先の選び方(JB-POT直前講座15) :

« maximum gradient/ peak-to-peak gradient (JB-POT直前講座14) | トップページ | af; atrial fibrillation(JB-POT直前講座16) »