« 質問にお答えします EFそのほか (JB-POT直前講座20) | トップページ | 最後のあがき(JB-POT直前講座22) »

2005年9月22日 (木)

質問にお答えします2(JB-POT直前講座21)

Q. いつも楽しく拝見しております。分からない事があり、教えていただければ幸いです。
心カテで、ASの圧較差に、peak to peakの圧較差、最大圧較差、平均圧較差でその意味することが異なるとのことですが、それぞれの意味すること、違いを教えて下さいませんか?宜しくお願いいたします。

A. maximum gradient/ peak-to-peak gradient (JB-POT直前講座14)をご参照ください。

若干、補足しますと、

まず、用語の整理をしたいと思います。

圧較差という用語には、最大圧較差と平均圧較差が含まれます。血圧という用語にも最高血圧とか平均血圧という用語が含まれるようなものです。

このうちの、最大圧較差は、「瞬時最大圧較差(maximum gradient)」と「 ピークからピークへの圧較差(peak-to-peak gradient)」の両方の測定方法があります。TEEからの計算値は前者で、心カテによる測定は後者です。ほとんどの場合、maximum gradient>peak-to-peak gradientですが、平均圧較差を求めると、TEEによる値も心カテによる値もほぼ一致します。(JB-POT直前講座14の図をご参照ください)

最高血圧にもカフ圧とAライン圧があり、末梢血管抵抗が高い場合などは「カフによる最高血圧」>「Aラインによる最高血圧」となることもあるが、平均血圧を比べるとほぼカフ圧=Aライン圧のようなものでしょうか。

イメージがつかめましたか?

いよいよ明日から心臓血管麻酔学会ですね。
管理人は、23日の一般演題1で発表ののちに、病院にとんぼ返りの予定です。直接質問したいことがある方は、会場で捕まえてください。(ピンクの上着で、LVASの発表をしている女医がそうです)

Blogでの質問は24日19:00を締め切りとし、(緊急手術などなければ)その夜のうちに回答したいと思います。

|

« 質問にお答えします EFそのほか (JB-POT直前講座20) | トップページ | 最後のあがき(JB-POT直前講座22) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 質問にお答えします EFそのほか (JB-POT直前講座20) | トップページ | 最後のあがき(JB-POT直前講座22) »