« 600円のカマボコ | トップページ | コンコルドよりも早く(JB-POT直前講座2006-2) »

2006年8月11日 (金)

直前講座ふたたび(JB-POT直前講座2006-1)

7月下旬、TEE業界の関係者にはちょっとしたイベントがある。PTEeXAM; 米国の周術期TEE専門医資格試験(詳しく知りたい方はこちら)が発表される。ホームページによる発表なので、世界中から閲覧可能である。ちなみに、2006年度の8名の新規合格者を加えると、日本在住PTEeXAM合格者は合計31名となった。個人的には、秋の臨床麻酔学会を控えたせいか、旭川在住者の活躍が目立ったように思う。

TEE業界で、PTEeXAM合格発表の次のイベントといえば秋の心臓血管麻酔学会およびJB-POTであろう。昨年の、わがブログは受験勉強中の若手麻酔科医のみならず、「学会セミナー」から「2ちゃんねる」まで広く引用され、光栄のいたりである。私は基本的にはぐうたらな人間だが、おだてられると調子に乗り易い人間でもあるので、ふたたびBlogによる直前講座を再開してみようとおもう。

あれから1年、私は病院に念願のマルチプレーンTEEを購入してもらった(というか、2005年の時点でPTEeXAM合格者でバイプレーンを常用している麻酔科医はきっと日本でただ一人、世界的にもかなり稀な現象だったと思う)。その代償(?)として、あいもかわらず、オールナイトで心臓移植やら補助人工心臓の麻酔にはげんでいる。時々、試験に関係ない愚痴もとびだすと予想されるが、(新研修医制度でなにかと冷や飯をくわされている)地方大学病院の中堅スタッフの実情も併せて供覧できればと思う。

また、コメント・質問メールは大歓迎である。

|

« 600円のカマボコ | トップページ | コンコルドよりも早く(JB-POT直前講座2006-2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126543/11391393

この記事へのトラックバック一覧です: 直前講座ふたたび(JB-POT直前講座2006-1):

« 600円のカマボコ | トップページ | コンコルドよりも早く(JB-POT直前講座2006-2) »