« 土鍋+オーブンでコトコト煮物 | トップページ | 「チーム・バチスタの栄光」に異議あり!その方法では死にません(ネタバレ含) »

2008年11月 9日 (日)

アナフィラキシー2連発

今週はアナフィラキシーショックに二度も出くわしてしまった。


症例1.

50代男性の開心術、アレルギー関連の既往はなかった。体外循環離脱後、MAP+FFPを急速輸血している最中に、血圧があっというまに40~50台に急降下。、「輸血のどれかに当たったな!」と推測した。顔面や術野の紅潮はなかったが、TEEが入っており、Swan-Ganzカテーテルも入っていたので、血圧低下の原因としての心不全は即座に否定できた。TEEではLVが小さめでよく動いており、胸腔内の液体貯留もみとめなかった(=胸腔内出血なしと判断)。診断的治療ということでヒスタミンブロッカー+ステロイド+エピネフリンを投与したらまもなく血圧は回復。手術終了後に覆布を取ると、皮膚にはホルスタインのような赤い模様ができていた。


症例2.

40代女性のラパコレ、既往歴なし。麻酔導入も手術も順調で、手術は終盤を迎え、腹腔鏡を抜いたあたりから突然の頻脈+大量の水様痰+気管付近から雑音。顔面がジャガイモのように赤黒くゴツゴツはれ上がる。とりあえずステロイド点滴で様子を見ていたら、気管の雑音が消失したので、抜管する。麻酔覚醒後、本人は呼吸困難も掻痒も訴えなかったので、帰室となった。迎えに来た病棟看護師が、「顔の形が違う!」とびっくりする。私が夕方、病棟に診察に行くと、別人のようなゆで卵風あっさり系小顔になっていたので、今度はこっちがびっくりする。


症例1.は輸血が原因と推察できるが、症例2.は原因が未だわからない。原因物質が抗生剤・ラテックス・消毒液だったら手術開始早々に発症しそうなものなのに・・・。しいていえば、終了間際に投与したロピオン(シップ薬等に使用されるケトプロフェンと交叉アレルギーをおこしたとの報告あり)ぐらいか・・・?

とりあえず、「二度あることは三度ある」とならぬよう、なんとなく用心している最中である。

|

« 土鍋+オーブンでコトコト煮物 | トップページ | 「チーム・バチスタの栄光」に異議あり!その方法では死にません(ネタバレ含) »

コメント

以前勤務した病院で、ラテックスが原因と考えられたアナフィラキシーショックで、
手術室退室後から症状が発現した症例があったと聞きました。
文献などでの記載は知りませんが、遅発性になることもあるのかもしれません。

投稿: はまぐり | 2008年11月16日 (日) 09時36分

たしかに、ラテックスアレルギーも否定できませんが、バルーンカテーテルを入れたままでも軽快したので、違うような気もします。とにかく、あんなに顔の形が短期間に変化するのを見たのは初めてで、私もまだまだ経験していないことがいっぱいあるな~、としみじみ実感しました。

投稿: clonidine | 2008年11月20日 (木) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126543/43054419

この記事へのトラックバック一覧です: アナフィラキシー2連発:

« 土鍋+オーブンでコトコト煮物 | トップページ | 「チーム・バチスタの栄光」に異議あり!その方法では死にません(ネタバレ含) »