« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月23日 (土)

チェロの椅子、完成しました

結婚5周年は「木婚式」というそうで、記念品としては木製品が推奨されているそうである。

というわけで、昨年末の結婚記念日の頃に注文したチェロの椅子が完成しました。
特製エンドピンストッパー(チェロの下のつっかえ棒が滑らないようにする道具)もおまけに作ってもらいました。

羽工房の皆さん、ありがとう。


Blog_mini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

教授の犬

A大学心臓外科のB教授はハナコという名の犬を飼っており、賢い犬との評判であった。というのも「犬は人間関係を見抜く」と言うが、ハナコは特に「B教授宅を訪れる来客の人間関係を見抜く」との噂だっだ。

具体的には、B教授宅のホームパーティーに学生と研修医が招かれた場合、学生には吠えないが、研修医がろくにお酌もせずにソファでごろごろしていたら吠える・・・ハナコには医局員とそれ以外が区別できるらしかったし、新入り医局員には特にきびしかった。ハナコの吠えにも動かない外科研修医は咬まれることもあるが、講師以上で咬まれた人はいなかった。また、B教授は麻酔科医を丁重に扱うことで知られていたが、ハナコも麻酔科医をむやみに吠えることはなかった。下っ端医局員はハナコを「教授の犬」と恐れつつ崇め、国際学会などの折には首輪などの貢物を土産に買ったりするのだった。

どうもハナコは自分のことを「B教授の次にエライ」と思っているフジがあったが、B教授によると家庭内では「B夫人>B教授>ハナコ」と思っているそうだ。血統としてはハナコ自身は雑種犬だが、ハナコの母はC大学心臓外科のD教授の愛犬であり、由緒ただしい「II世教授犬」なのである。


先日、ある病院で開心術の麻酔を担当していたところ、D教授がゲスト出演しており、ハナコのその後を聞くこととなった。B教授は大学にありがちなつまらない学内政治に巻き込まれA大学を去り、ハナコに吠えられていた若手外科医も次々と大学を去ったが、その頃からハナコもがっくり老け込んでしまったそうだ。B教授はしばらくして別の大学教授に就任したが、ハナコは回復することはなく、ある日眠るように無くなったそうだ。

「教授も教授犬も医局員があっての存在だよなあ」D教授はつぶやいた。
ハナコの冥福を祈りつつ・・・合掌

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

年末年始

年末年始期間の呼出は、結局一件(ただし福島県)のみであった。
今日から通常業務、今年も頑張ろう。

近所の荒川河川敷に飛来した白鳥たち

100103

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »