« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月 1日 (月)

復活の日

今日は3ヶ月ぶりの麻酔、産後6週目である。
幸いにも子育てを手伝ってもらえる身内に恵まれたので、今月からは週2~3日ペースで仕事を再開した。


「フリーランスでよかった」と思ったことの一つは、フリーランスでは仕事と報酬がセットで動くため、産休中の仕事の代行を平和的に頼めたことである。「仕事が2割増だが報酬も2割増」ならば、人間関係を壊すこともあまりない。そして、長くこの仕事を続けるためには、一時的に自分の収入は下がっても、フリー仲間との良好な人間関係を維持したほうが賢明だと思う。

「仏の顔も3度まで」と言うが、1人前のプロフェッショナルが、赤の他人に無償奉仕できるのはせいぜい3日ではないだろうか。3人常勤の公立病院で一人が産休を取り、「仕事は5割増しだが報酬は不変」の2人と「仕事はゼロだが報酬は不変(各種手当を含むと、手取額は増加)」という状況を、「思いやり」やら「奉仕の精神」だけで乗り切れ!という方がムチャな要求だと思う。


ただし、フリーランスの産休・育休は無給であり、復活後の仕事の保障もない。
育児休暇を何年取っても自由だが、技術の維持は自己責任であり、復帰後の仕事や収入の保証はない。
長期休業後の技術低下のため、後発の若き同業者(最近ホント増えてます)に仕事を奪われるのも、自己責任である。(後輩に出し抜かれるのが絶対イヤなタイプの医師は、今のところ大学病院やら公立病院にしがみ付くのが無難である)。

という訳で、麻酔カンを失わないために(むろん生活のためにも)早めの復帰となった。

復帰初日
ここのところ、24時間体制で粉ミルクを作る日々なので、マスキュラックスやアルチバを溶かすと量の少ないことに違和感をおぼえる。
挿管、硬膜外カテーテルなどは難なくこなせたが、薬品伝票が間違いだらけであった。
気をつけよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »