« 御礼 | トップページ | オムツ替えにおけるペットシーツの有用性 »

2010年11月 1日 (月)

復活の日

今日は3ヶ月ぶりの麻酔、産後6週目である。
幸いにも子育てを手伝ってもらえる身内に恵まれたので、今月からは週2~3日ペースで仕事を再開した。


「フリーランスでよかった」と思ったことの一つは、フリーランスでは仕事と報酬がセットで動くため、産休中の仕事の代行を平和的に頼めたことである。「仕事が2割増だが報酬も2割増」ならば、人間関係を壊すこともあまりない。そして、長くこの仕事を続けるためには、一時的に自分の収入は下がっても、フリー仲間との良好な人間関係を維持したほうが賢明だと思う。

「仏の顔も3度まで」と言うが、1人前のプロフェッショナルが、赤の他人に無償奉仕できるのはせいぜい3日ではないだろうか。3人常勤の公立病院で一人が産休を取り、「仕事は5割増しだが報酬は不変」の2人と「仕事はゼロだが報酬は不変(各種手当を含むと、手取額は増加)」という状況を、「思いやり」やら「奉仕の精神」だけで乗り切れ!という方がムチャな要求だと思う。


ただし、フリーランスの産休・育休は無給であり、復活後の仕事の保障もない。
育児休暇を何年取っても自由だが、技術の維持は自己責任であり、復帰後の仕事や収入の保証はない。
長期休業後の技術低下のため、後発の若き同業者(最近ホント増えてます)に仕事を奪われるのも、自己責任である。(後輩に出し抜かれるのが絶対イヤなタイプの医師は、今のところ大学病院やら公立病院にしがみ付くのが無難である)。

という訳で、麻酔カンを失わないために(むろん生活のためにも)早めの復帰となった。

復帰初日
ここのところ、24時間体制で粉ミルクを作る日々なので、マスキュラックスやアルチバを溶かすと量の少ないことに違和感をおぼえる。
挿管、硬膜外カテーテルなどは難なくこなせたが、薬品伝票が間違いだらけであった。
気をつけよう。

|

« 御礼 | トップページ | オムツ替えにおけるペットシーツの有用性 »

コメント

半田さんお久しぶりです。
新塩屋町の同級生の吉田和彦と申します。
(覚えてないでしょうねぇ〜)

昨日、城内の辺を通って、急に思い出して(笑)検索してると何とお医者様に・・・

半田さんは当時から賢かったし、当然やなぁ・・・納得でした。

ご出産、おめでとうゴザイマす。

投稿: kazz | 2010年11月24日 (水) 15時21分

コメントありがとうございます。
吉田クンですよね、体操着でポチャっとした体型で走る姿を、なんとなく覚えているような・・・
昨年、高校同窓会の東京支部でエリト君に再会しましたよ。
少子化で新塩屋町小も無くなるそうですね、さびしいです。

投稿: clonidine | 2010年11月26日 (金) 22時44分

 先生 更新しななくてそうしたんだろうと思っていたんですよ。そしたら出産ですか、、、。おめでとうございます。 わたしも今年になって200人ほど出産に立ち会っています。(取り上げてますという人がいますが、帝王切開以外は取り上げるのはほとんど助産師さんです)子育てに仕事に大変でしょうががんばってください。わたしは相変わら北東北と北関東の生活です(笑)

投稿: 桑田 吉峰 | 2010年11月28日 (日) 20時11分

おひさしぶりです。clonidine Jr.は、手術中の桑田先生以上にニギヤカです。
泣き声だけでなく、でっかい音で大人のようなオナラをしょっちゅうします。
ミルクをしょっちゅう吐くので、自宅の居間は白いシミだらけになりました。
仕事のない日は、すっぴん&髪ボサボサで育児に奮戦中です。
そのうちまた、どこかの手術室でお会いしましょう(でも、大量出血中のプレビアとかは勘弁してね)。

投稿: clonidine | 2010年12月 6日 (月) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126543/50012651

この記事へのトラックバック一覧です: 復活の日:

« 御礼 | トップページ | オムツ替えにおけるペットシーツの有用性 »