« オムツ替えにおけるペットシーツの有用性 | トップページ | JB-POT直前(じゃないけど)講座2011 番外編 人工心肺中の停電 »

2010年12月27日 (月)

初めてのカゼ

ベビーの咳が止まらない、ミルクの飲みも悪い。
どうやら保育園で感染症をもらってきたらしい。

ベビーにとっては人生初カゼであると同時に、私にとっても人生初の子どもの病気である。
あわてて小児科を受診したところ、鼻腔をチョイチョイとこすって待つこと15分「RSウイルスですね」と診断された。
床暖房&加湿器を全開にして看病していたところ、私まで咳が出現しはじめ、そのうち私のみ発熱してしまう。
教科書的には「RSウイルスは年少者ほど重症化しやすく、ほとんどの人は3才までに感染して抗体を獲得する」とあるのだが・・・40代にして初感染なのだろうか。ちなみに夫はピンピンしている。

そういえば、去年仕込んだまま妊娠出産騒ぎで放置してあった果実酒を取り出してみる。
有効成分がたっぷり含まれていそうな、きれいなあめ色に仕上がっている。

101222


お湯割りでカリンを呑んでひたすら寝ていたら、次の仕事日には出勤できる程度には回復した。
「仕事の無い日を選んで発熱するなんて、さすがはClonidine先生、フリーランスの鏡!」と、勤務先でほめられた。


|

« オムツ替えにおけるペットシーツの有用性 | トップページ | JB-POT直前(じゃないけど)講座2011 番外編 人工心肺中の停電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126543/50499753

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのカゼ:

« オムツ替えにおけるペットシーツの有用性 | トップページ | JB-POT直前(じゃないけど)講座2011 番外編 人工心肺中の停電 »