« JB-POT直前(じゃないけど)講座2011 番外編2 電気や酸素の途絶 | トップページ | MOMASの草間彌生展に行ってきた »

2011年5月27日 (金)

私の夜泣き対策

ベビーの夜泣きが治まらない。特に原因がなくても、夜中に一時間以上泣き続けることがある。4月から、週5日体制で働いている身としてはけっこうつらい。寝ることが大好きな私としては、「このガキ!、ビニール袋にでも入れたろか!」という考えが、脳裏をよぎったりもする。

それでも今のところ、虐待もなく育児をこなしている理由はズバリ・・・昼寝をしているからである。

小規模な病院では、「午前中外来→午後手術」のところが多く、現在の契約では週3回は午後出勤なのである。夜泣きに悩まされた翌朝、徒歩5分の保育所にベビーを預け、その後自宅に戻り、自らのベッドで数時間の仮眠・・・私にとって至福のひととき。「フリーになってよかった」としみじみ思う瞬間である。

大学や大病院勤務だと、自分の担当症例は午後からでも、朝のカンファレンスには出席しなければならず、その後も導入の手伝いやら次の学会やらの仕事(もしくは仕事をしているフリ)をしなければならない。運よく、医局のソファーや空いている当直室で仮眠できても、自分のベッドでの熟眠感は得られない。

という訳で、今夜もベビーをあやしながらこの記事を書いているが、「まあ明日の午前中はひと眠りできそうだからいいや」と思いつつ、育児に励んでいる

|

« JB-POT直前(じゃないけど)講座2011 番外編2 電気や酸素の途絶 | トップページ | MOMASの草間彌生展に行ってきた »

コメント

専門医取得し出産、復帰し15年目でフリーランスになった女医です。もう10年近く前になりますが、夜泣きのすさまじさ、翌朝のしんどさ、今でも忘れることはありません。
ビニール袋にでも・・・というのは人としてこの子を育て上げなくてはという使命感と責任感の表れですね。
また常勤時代2人分3人分の仕事をこなしてきたからこその、いまささやかな仮眠時間をもてることへの感謝の気持ちにも、ちょっと感動してしまいました。
私はあまりコミュニケーションが上手ではなく、まじめにやることと体力と負けん気だけがとりえみたいな麻酔科医ですが、同じ子供をもつフリーランス女医として、先生を応援しています。
子供は毎日成長を遂げていますよね。そのうち、夜もぐっすり眠れるようになりますよ。おつかれさまです。

投稿: sweetpain | 2011年8月12日 (金) 04時49分

sweetpainさん、子育ての先輩からのメッセージありがとう。
連日の猛暑で思考能力が著しく低下しており、ぐうたら育児に拍車がかかっております。粉ミルク&紙おむつはもとより、水道水・中国産ウナギ・福島産野菜etc、賞味期限切れのヨーグルトやら1カ月以上滅菌していない哺乳瓶やら、テレビはつけっぱなし、しょっちゅう落下してるし・・・連日のストレステスト(?)に鍛えられて、ベビーはすくすく育ち、10ヶ月で10kgを超えました。こどもの生命力ってすごいです。

>そのうち、夜もぐっすり眠れるようになりますよ。
ああ~、早くその日がきてほし~い

投稿: clonidine | 2011年8月12日 (金) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126543/51777868

この記事へのトラックバック一覧です: 私の夜泣き対策:

« JB-POT直前(じゃないけど)講座2011 番外編2 電気や酸素の途絶 | トップページ | MOMASの草間彌生展に行ってきた »