2005年8月15日 (月)

びんでぃのモモ

ビンディとは本来はインド人がおでこにつけているシール状の飾りのことである。
びんでぃ」とは川越市の本格的インド料理店のことをさす。

個人的にはモモがメニューにあるのが気に入っている。これは、カレー味のひき肉がはいっているシューマイというか餃子のようなもので、本来はネパール料理である。(ネパールはインドと中国の間の小国なので、料理も両者のミックスのようなものがある)。

某ネパールの病院で働いていた頃に憶えた味で、埼玉県内でモモをメニューに置いているのは(私が知る限り)ここだけである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月31日 (日)

湖月楼と隣のペルー料理店(La tiendecita)

本日は休日、無粋な病院からの呼び出しもないいい一日でした。

夕食は川越市の湖月楼 (川越市脇田新町15-8)、陳健一の弟子筋にあたる四川家庭料理の店だそうだが、「鶏のから揚げ」が絶品であった。水餃子も美味しかった。辛口だれの水餃子もあったが、夫が辛いものに弱い(いくじなし‥)なので、妥協してしまった。こんどは麻婆豆腐にチャレンジしたいところ。

その帰り道、隣に南米料理の店(La tiendecita)を発見。テキーラかコロナビールでもあるかな?と思ってのぞいたところ、ペルー料理の店でした。店のほとんどはペルー人、メニューはスペイン語のみ。勧められるまま、ペルーのビールを試す。黒ビールだが少し甘く、首をかしげていると、「このビールは健康にいいんだ」とのこと。もっともペルー人たちは、「一番搾り」を飲んでいたが‥ペルー料理のおすそ分けを振舞われ、ペルー人のおじちゃんに誘われるままにサルサ(?)を踊り、いい運動になった。帰りにビールとインカコーラとバナナチップスを購入。

ちなみに斜め前には、びんでぃ(インド人コックの作る本格派インド料理店)。
川越もインターナショナルになったものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)