2008年3月14日 (金)

ヒラリー・クリントンをめぐる2つの仮説

大激戦の米大統領予備選だが、最近ではどうもヒラリー・クリントンの旗色が悪いようである。

思えば16年前、私が医師国家試験の勉強をしていた頃にヒラリーは夫の選挙戦を戦っていた。
私のアメリカ&ニューヨーク初訪問時には、彼女はニューヨーク州の上院議員になった。
私が独立開業すると、向こうは「国民皆保険」を公約に大統領戦に出馬した。
「彼女が大統領になったら、アメリカは大量の臨床医を必要とするはず。NBEホルダーとしてはチャンスかも!!」などと内心期待してたのだが、ちょっときびしそう・・・

その根拠は


1.NHK朝ドラを制す者が、米大統領選を制す

16年前の冬、当時のNHKの朝の連続テレビドラマ「ひらり」だった。その頃、ヒラリーの夫=ビル・クリントンが大統領選挙を制した。現在、NHKの朝の連続テレビドラマ「ちりとてちん」は、小浜が舞台のドラマである。そして、小浜市はOBAMAと同名の街として、いまや海外テレビ局が取材に来るほど盛り上がっているそうである。

よって「NHK朝ドラを制す者が、米大統領選を制す」


2.ヒラリーはどうやら下半身のゆるい男に好かれるらしい

ヒラリーの有力支持者であった、ニューヨーク州のスピッツァー知事が高級売春組織の顧客だったことが判明し、辞意を表明したそうである。「男という生き物は、心と体は別物」とはよく言われることだが、「inappropriate relationship」でおなじみの夫のビルなど、どうやらその手の男に慕われるのではないだろうか。

一般的に「男は若くて可愛くて従順な女を好む」といわれるが、「強い女に惹かれる男」というのも数は少ないが存在している。そして、そういう男はハートではヒラリーの強さ・聡明さを慕いつつも、下半身はついつい「若くてあんまり賢くない女」とinappropriate なコトをいたしてしまうのだろうか・・・


3.よって逆転の裏技は、

「ビルに再びinappropriateな事件を起こしてもらい、ヒラリーがメディアで上手に解決する」

というのはいかが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月12日 (金)

Q-tips (JB-POT直前講座5)

Q-tipsとはアメリカでもっともポピュラーな綿棒の商品名であるが、TEE業界ではLAにおけるPV流入部の折れ返り部分を指す。

mid-esophageal levelで、左心耳(LAA)と左肺静脈(LUPV)の流入部を描出しようとすると、この折れ返りが綿棒のような有茎性の血栓のように見える。”Warfarin (Coumadin) ridge”という別名もあり、以前は間違えて抗凝固剤を投与されることもあったらしく、このような名称がついたらしい。

normal structureの一部であり、治療の必要ない。

以下は、全く試験には関係ない話ですが・・・
このQ-tips(綿棒のほうです)は「現代工業デザイン」の名作として、ニューヨーク近代美術館(MoMA)に収蔵されています。他には、バンドエイド、M&Mチョコレート、キッコーマンの醤油ビンも収蔵されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月11日 (木)

4つの弁 (JB-POT直前講座4)

心臓には4つの弁があり、TEE初心者はこの4弁の位置関係を理解する必要がある。すくなくともJB-POT合格には必須である。とはいっても、(JB-POTを受験するような)30過ぎの医師には学生時代のような丸暗記力は期待できない。というわけで、私がNYにいるころに投稿した暗記法を、今回は御紹介したい。「そんなこと知っとるわい」という方は読み飛ばしてください。

両手を握って、図のPosition MとPosition Tのように置いてみよう。M弁は4つの弁のうちでもっとも背側に位置し、T弁はその右やや前方位置している。この2つの弁はほぼ同サイズである。M弁は2尖であり前方よりそれぞれA1,A2,A3およびP1,P2,P3に分類される。右手を Position Aへ動かしてみよう。A弁は3尖でありM弁よりやや小さく、右冠尖がもっとも前方に位置している。左手をPosition Pへ動かしてみよう。P弁はA弁とほぼ同じ大きさで、前方やや左に位置している。

Anesthesiology 2004; 101: 1050-1

「4_valve_fig.doc」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 5日 (金)

ヨーヨー・マとシルクロードシリーズ

NHKで「新シルクロード」シリーズの再放送をやっている。内容はともかくBGMに惹かれて見入ってしまう。
BGMはかのヨーヨー・マ、私がもっとも影響をうけたチェリストでもある(除くレッスンを受けた先生方)。

ヨーヨー・マにはまったのは「Inspired by Bach」シリーズから、「チェロと歌舞伎」「チェロと建築」「チェロと庭」といった、かなり異界の芸術を融合させようとする試みを知ってからである。当時私は、ニューヨークで客員研究員をしており、(少なくとも)私の業界ではまった別部門とされる分野の手法を融合させることを試みていたころだった。このNHKシリーズでも、彼は従来のクラシック音楽の手法とシルクロードの民族音楽との融合を試みている。

ヨーヨー・マが奏でる胡弓風のメロディを聞くと私は、ニューヨークのマンハッタンの雑踏を思い出してしまう。
(ニューヨークおよび研究の話はまたいつか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)